デリケート脱毛はやっぱりエステで

昔は自分でカミソリを使って、お風呂で石鹸をつけながらお手入れしていました。
しかし、剃ると伸びかけがかなりチクチクするし、そのせいで痒い気もするので、その後は剃ることは少なくし、足や腕の脱毛器で伸びかけの短い毛を抜いたり、 毛抜きで地道に一本ずつ抜いたりしていました。
剃るより効果があるというか伸びるまでの期間が長くなるのでカミソリより抜く方に移行していきました。
しばらくはその方法でずっとお手入れをしていたのでふが、かなりの労力と気力がいるし、たまに毛穴が炎症を起こしてしまったり、 肌の色が汚くなってきてる気もしていたので結局は最終的にエステで光脱毛してもらうことにして通っています。
光脱毛はバチンとかなり痛みはありますがお肌は痛めないし、炎症もおきないし毛もよく抜けてくれるので楽チンです。
毛がなくなったかのように思っても二ヶ月ほどたつと生えてきたりもして、何度も通わないといけませんし自己処理よりお金もかかりますが、 エステ脱毛がやはり一番いいと思います!

デリケート脱毛でニオイケア

元々、デリケートゾーンの脱毛習慣は、夏に水着を着る機会があるときを除いてなかったのですが、ここ数年で、デリケートゾーンのにおいが気になるようになりました。

デリケートゾーンの脱毛処理を行うと、体毛に付着してしまう雑菌を防げたり、その結果、においも軽減するという記述をみました。
手術などで全て剃ったときには、なるほど匂いが気にならなくなっていたことを思い出しました。
実際、ビデを使っても、トイレの後、尿はどうしても体毛についてしまって、そのにおいは残るだろうとも考えていました。

ですが、すべて剃ってしまうと、保護的意味合いがなくなってしまうのではないかとも考えました。
また、すべて剃ってしまうと、その後の肌のケアも必要になると考えました。
元々長く濃いほうでしたので、処理をしたいとも思うところでしたので、肌を守りつつ、においが気にならなくなるような処理の仕方を考えました。

まずは短くカットします。
カットするだけで、においが絡みつくイメージがなくなるように思いました。

その後、ビキニラインに沿って、シェーバーで剃ります。

お風呂から出て、剃ったところは、アフターシェーブローションでケアします。
入浴中に定期的に処理しています。

トップページへ戻る